日曜日, 3月 18th, 2012 | Author: wappen
僕等がいた 前篇 良い作品ではあると思うんですけど…
今時の高校2年生があんな考え方をするのかすごく疑問で違和感がありましたね〜
キャストも高校生には見えないし(笑)
原作とは違ってしまうのでしょうが(原作は知らないので)大学生であればもっとスッキリしたんですけど…
でも後編も観るんだろうな〜
吉高ってだんだん壊れていっている気がする(笑)
蛇にピアスの頃が一番良かった。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 期待しすぎていたせいか、ちょっと拍子抜け…
鉄の女がメインではなく、認知症になった女性の物語でした、
もちろんメリル・ストリープの演技は凄かったけど、ただそれだけって感じです。
もっとサッチャーが現役の時の事を踏み込んな内容にして欲しかった。

先週末は2本です。

両方土曜日の夜に観たんですけど…  疲れた。
少し前までは1日に3本とか4本は平気で観られたのに今は2本が限界かも。

もしかしたら花粉で目が疲れているのかも知れないですけど…

それから予告で「紙兎ロペ」をやっていました。
5/12公開だそうです。

これは観ないとね〜

Category: 映画
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.