日曜日, 12月 19th, 2010 | Author: wappen

今日は次男の冬休みの宿題に付き合って、東京芸術劇場に行って来ました。

指揮:ヒュー・ウルフ
ソプラノ:木下美穂子
メゾ・ソプラノ:林美智子
テノール:高橋淳
バリトン:与那城敬
合唱:新国立劇場合唱団

そういえば、去年も読響の第九聴いたっけ…
サントリーのP席で… 急な出張だったので手配出来たのがP席だけだった。
メゾ・ソプラノはやはり林さんでした。
P席だから良く聴こえなかったけど(笑)

ベートーヴェンはあっさり系が好きです。
日本人が振ると、こてこて系になる事も多いのですが、ヒュー・ウルフはさっぱり系で良かったです。

終演後、次男が聞いてきました。

「どの部分が第九だったの?」

あの〜、全部第九なんですけど… 感想文、大丈夫か???

今年の演奏会は今日で終わり… 多分ね…
でも、後東京出張が3回ある…

第九の前に東急ハンズの上にある「ねこぶくろ」へ行って来ました。

最初に、なでようとした猫に肉球で腕を殴られました…
だから、写真載せてあげないんだ(笑)

猫って、ちょっと怖い…

Category: ちょと遠出, 音楽
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.