日曜日, 5月 17th, 2009 | Author: wappen
天使と悪魔 謎解き映画のはずですが…
テンポが速すぎて、じっくり考えている余裕はありませんでした。
謎解きというよりも観光映画みたい(笑)コンクラーベって大変そう、まさに根競べみたい… 全然関係はないんでしょうけど…
60歳のラブレター 題名のせいか年配者の方が多かったような気がします…
3組の夫婦が(正確に言うと2組+1人か)、微妙に関連しながら話が進んでいきます。
ラブレターがどこでストーリーに関わってくるのかは分かりませんでしたが、前半の内容で、ほぼ後半の展開が読めるような映画でした。でも、「ジーン」とくる良い映画でした。若い人が見た方が良い映画だとは思いましたけど…

「天使と悪魔」ですが、字幕がすこしおかしな点がありました。
まぁ、先日の「バーン・アフター・リーディング」よりはまだましでしたけどね…。

これから見る人もいるので詳しい事は書きませんが、「バーン・アフター・リーディング」では、2階のクローゼットの中で反射的に発砲して殺人をしてしまい、あわてて1階に下りた後…
2階に向かって「Hello」と言った場面ですが、普通なら字幕なしか、せいぜい「おーい」とかが妥当だと思うんですが、「もしもし」だって…

先週ストリングを張り替えたばかりのラケットですが、たった1週間で打球感が少し違ってきました。
いつもは、1ヵ月程度は維持するんですがね~
その後3ヵ月程度たつと、全く違った感覚になります。

テンションが強すぎたんでしょうか。
一応ラケットには65までOKになっているんですが…

それとも湿度のせいですかね~

インドアコートといっても、ただ雨風の影響を受けないというだけで空調などはありません。
夏はサウナ状態ですし、冬は日が当っている外よりも冷え切って寒い場合もあります。

常用しているラケット以外に、もう少し硬めのラケットも持っているので、そちらで試してみようかな…。

Category: スポーツ, 映画
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.