Archive for the Category » ちょと遠出 «

6月 05th, 2012 | Author: wappen

bunkamura ザ・ミュージアムで開催中のレオナルド・ダ・ヴィンチ展に行って来ました。

展覧会のタイトルは「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」です。
7月くらいまで開催されていると思っていた所、6/10までである事を昨日知り…
本日、ちょうど東京出張だったために打ち合わせの前に慌てて鑑賞しました。

bunkamuraに着いたのが9:30頃です。
開場の30分前ですがすでに20名ほどが並んでいました。
開場時には確実に100名を超えていました。

平日とはいえ、もうすぐ終わりですからね〜

入場後、私はすぐに今回の目玉である「ほつれ髪の女」へ…
他の人は入り口から順番に観ているので、約5分間程度独り占めでした(笑)

ダ・ヴィンチが「髪は風に合わせてたわむれるように描くと良い」と言っているように凄く繊細なタッチで柔らかい女性が描かれていました。

人が増えて来た所で入り口に戻り鑑賞開始…

今回は日本初公開の作品も多く、たぶん専門家にはたまらない展覧会だったのではと思いますが…
素人の私には、ルネサンス(特に16世紀半ばまで)は様式の違いがはっきりとは理解出来ないので、みな同じような雰囲気の作品に見えました。

特に今回はダ・ヴィンチ作の作品が5点ほどと弟子を中心とした同じ時代の作品が集められたので、余計そのように感じられたのだと思います。

「ほつれ髪の女」以外で印象に残った作品としては、

ダ・ヴィンチ作の「衣紋の習作」2点
これも「人体に着せた布はその中に人体があるかのように表現しなくてはならない」と言っている通りに人物は描かれてはいないものの正に人物が着衣しているように感じられました。

カルロ・ペドレティ作と考えられている「聖母マリア」「岩窟の聖母」

ダ・ヴィンチの未完成作品かもしれない「アイルワースのモナ・リザ」
これはルーブルのモナリザよりも若い感じの女性で、背景は全然違います。
展覧会としての展示は世界初だとか…

なのでしょうか。

モナリザに関しては全部で15〜6作品の展示がありました。
簡単に言ってしまえば模写ですが、中には真筆である可能性もある作品が何点かありました。

トータルとしての感想は、 先月行ったセザンヌ展と比較して満足感は同じ程度でしたが、充実感が少し欠けていた感触です。
展示点数は同じですが、セザンヌ展は100%セザンヌでしたし、ポスト印象派としての様式の変遷などが興味深かったからです。

ただし、打ち合わせ開始時刻までという限られた時間の中での鑑賞でしたので、もっとじっくりと鑑賞出来れば感想も違った可能性があります。

Category: その他, ちょと遠出  | Comments off
5月 26th, 2012 | Author: wappen

プログラムは昨日と同じ

指揮者:佐渡裕
コンマス:扇谷さん

マーラー:交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」

昨日のさいたま定期演奏会との差を中心に書いてみます。

さいたま定期演奏会はほぼ満席でしたが、本日は9割程度の入りでした。

演奏に関しては…

弦のハーモニーが昨日に比べて厚みが増していた(これはホールの違いもあるかも)
丸山さんのホルンが昨日に比べて安定し、ホルンパート全体としても安定感が凄く向上した

ハプニングに関しては…

昨日はvaの弦が切れたが、今日は1st Vnの弦が切れた。
確か田村さん… 以前もこのホールで弦を切ったかも…
生演奏で始めてvnの伝言ゲーム(笑)を観た。

観客の反応…

昨日は最初のハンマー打撃の時に「おー」という歓声が上がっていたが、今日は大丈夫だった。
昨日は定期なので曲が何なのか把握して来ていない人もいたのではと思います。
それに比べて今日は「悲劇的」を全面に打ち出した特別演奏会なので、みんな知っていたのでしょう。

全体的には、昨日に比べてより満足する演奏が聴けました。
ホールと聴いた席の違いはありますが、その差以上に感じました。

明日への期待及び不安…

サントリーホールなので、さらに明日は2階正面やや左という席なので最高の演奏が聴ける事が期待。
明日はvc、cbどちらの弦が切れるか不安(笑)
明日は名曲コンサートなので、またハンマーの「おー」があったらという不安

3連続「悲劇的」最終日なので、佐渡さん、楽団員さんも相当疲れていると思うし、聴いている私たちもかなり疲れていますが、良い演奏会になれば良いと思います。

演奏会前に、今日は横浜美術館に寄ってきました。

マックス・エルンスト展も開催していましたが、あまり彼の作品は観てきていないので良く分からないために「横浜美術館コレクション展」を鑑賞。

しかし、目新しい作品はそれほど増えていませんでした。
でも500円で約2時間鑑賞出来たので良しとします。(久しぶりに観た作品もあったし)

終演後は、先週六本木でセザンヌ展と日フィル東京定期演奏会をご一緒した方と今回も一緒だったため反省会(笑)
誰が「反省会」と言い出したか分かりませんが、そのまま使っています。
(反省点はないと思うんですけど…)

彼女とは上野まで一緒なので、桜木町に行く途中でお店を探しました。
行ったお店は、「Italian Baru TriBeCa」というイタリア料理

案内された席が、大きなスクリーン前の席…
プロジェクターでバレーボールの試合が写ってました。(日本、負けちゃったけど)
でも、これでマリオとかやったら凄いだろうな〜(笑)

まずは、アイスコーヒーとアイスティーというノンアルコールで乾杯!!

頼んだ料理は

・小海老とアボガドのシーザーサラダ
・カルボナーラスパゲティ温泉玉子添え
・TRIBECAオリジナル鮭の和風リゾット

パスタは、ほんのり卵の味が混ざって美味でした。
リゾットは「わさび」で食べるんですけど、これが「お茶漬け」の味みたいでした。

最後にデザートとして「パンナコッタ 季節のソルベ添え」
これも美味しかった…

2人で、ソフトドリンクとこの食事内容で約3,700円…
場所を考えたらそんなにお高くはない良いお店でした。

テレビは要らないと思いましたが(笑)

今日は、目、耳、口共に癒された日で幸せな1日でした。
でもタイトルが演奏会なのに、何かグルメレポートみたい…

Category: ちょと遠出, 音楽  | Comments off
4月 07th, 2012 | Author: wappen

出張先の会議室から撮影した武道館。
お花見で凄い人です…

本当は大学の入学式だったので、学生が多いんですけど(笑)

こちらは靖国神社。
先週は屋台だけで寂しかったですが、昨日は桜も咲いて凄く賑わっていました。
お昼を食べた後だったけど、良い匂いに誘われてお好み焼きみたいのを買ってしまいました。

最後は千鳥ヶ淵。
平日の昼間なので思ったほどの混雑はありませんでした。
以前、土曜日に来た事がありましたが、その時は地下鉄九段下の駅から行列でした。

この辺りの地理は詳しいので、別ルートで見たんですけど… それは内緒です(笑)

きっと今日とか明日は凄い人だと思います。

満開の桜を見ると、昨年4月ののズービン・メータ&N響のチャリティ第九演奏会でのメータのメッセージを思い出し目頭が熱くなりました。

毎年、この時期の千鳥ヶ淵を散策出来て幸せです。

Category: ちょと遠出  | Comments off
3月 31st, 2012 | Author: wappen

こんな感じでした。(出張先の会議室より)
近づけばつぼみはあるのでしょうけど、この距離からはまだ咲く気配は感じられませんでした。

靖国神社では露店も出ていたし、人もそれなりにいましたが桜はこんな状態…
次回の出張は4/6なので、ちょうど見頃かも。

打ち合わせが終わって、大宮ソニックシティに移動しようとJR飯田橋駅へ…
飯田橋駅の桜は、少し開花しかかっていました。

Category: ちょと遠出  | Comments off
3月 02nd, 2012 | Author: wappen

一昨日の午後と昨日は風邪で寝込んでいました。

良くこんなに寝られるな〜 と思うほどご飯も食べずに寝ていました(笑)
昨日の夜には節々の痛みも無くなり、動けるようになったので今日は東京へ出張…

東京駅丸の内地下の動輪広場には雛飾りが…(ちょっとピンぼけですけど)

出張先には1日早いですけど、雛祭りケーキを持参。

そうしたらお土産に雛祭りの和菓子を頂いて来ました。
みんな考える事は同じですね〜

これ、以前節分の和菓子と同じお店の和菓子です。

まだ完全に体調が戻っていないので辛い出張でしたが、何とか復帰1日目を乗り越えました(笑)

2週間ほどとても心配していた事があり、それが好転したという嬉しい話題も飛び込んで来たりして精神的にも楽になったのかも知れません。

夜は「日本アカデミー賞」の授賞式…
このblogでも何回も話題にしていた「八日目の蝉」が「最優秀主演女優賞」「最優秀助演女優賞」「最優秀監督賞」「最優秀作品賞」をはじめ「新人俳優賞」など全10部門で受賞しました。

今でもたまにDVDを観ている作品ですが、まだ観たことの無い人は是非一度観て下さい。
原作も良いですよ〜

Category: その他, ちょと遠出, 映画  | Comments off
1月 21st, 2012 | Author: wappen

雪化粧をした武道館が撮れるかと思っていましたが、そこまでの雪ではありませんでした。
でも寒かったですけどね〜

話は変わりますが、昨年の6月頃に上映された「八日目の蝉」…
実際に映画館では7回ほど観て、DVDも発売日に購入しました。

井上真央、永作博美、小池栄子ではなく子役の「渡邊このみ」ちゃんが気に入って観に行った訳ですけど…
日本アカデミー賞の「新人俳優賞」を受賞しましたね〜

5歳での受賞なので昨年の芦田愛菜が6歳だったので最年少での受賞となります。
おめでとうございます。

今はガーナミルクチョコレートのCMに出ています。

八日目の蝉も「優秀作品賞」に選ばれています。

優秀作品賞は「大鹿村騒動記」「最後の忠臣蔵」「ステキな金縛り」「探偵はBARにいる」「八日目の蝉」でこの中から最優秀作品賞が選ばれる訳ですけど、「大鹿村騒動記」は観ていないので何とも言えません。

授賞式は3/2のようですが、東京出張が入っているので、生では観れません…残念。

Category: ちょと遠出, 映画  | Comments off
1月 09th, 2012 | Author: wappen

今日は、家族で東京にお出かけ…
AM8:00頃ですけど、車のフロントガラスはまだこんな状態。

長男の成人のお祝いで新宿で食事をする予定になっていたのですが、長男から体調が悪いというメールが入りアパートのある調布まで行きました。

長男が調布駅に自転車でやってきましたが、思っていたより元気そうで一安心。
何でも課題が忙しかったとか…
留年率の高い大学なんですが、一応3年に進級出来るらしいという事を聞き、また一安心。

パルコにある「神戸元町ドリア」というお店で食事をしました。
本当は超豪華なフレンチとかイタリアンを予定していたんですけど…(嘘)

左から私が食べた「海の幸のカレーフォンデュドリア」嫁が食べた「やりいかと小松菜のドリア」

同じく長男の「やりいかの明太子クリームドリア」次男の「ベーコンと卵のカルボナーラ風ドリア」
次男だけ食べるの早すぎ(笑)

しばらく調布でぶらぶらして、私は稲城市立iプラザホールで開催されるニューイヤーコンサートへ…

iプラザホールってどこにあると思いますか?
稲城市立と書いてあるから「稲城」ですよね〜

疑わずに「稲城駅」で電車を降り改札をでたら、何か昨年来た時と感じが違います。
まぁ、1年ぶりなので変わったんだろうと思っていましたが…
昨年の事を思い出しました。

「稲城駅」じゃなくて次の「若葉台駅」だ!!

時刻表を見ると次の電車が13:48、開演は14:00…
走りました。
まぁ、走らなくても多分間に合ったと思うんですけどね〜

と言う事で「日本フィルメンバーによるニューイヤーコンサート」

指揮者:米津俊広
ホルン:福川伸陽(首席ホルン奏者)
コンマス:木野さん

ALL モーツァルトプログラム

ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ホルン協奏曲 第4番 変ホ長調 K.495
音楽の冗談 K.522
交響曲 第41番 ハ長調 K.551 「ジュピター」

iプラザホールは、それほど大きなホールではありません。
収容人数も400人程度です。

オケのメンバーは約30名といったところでしょうか…
福川氏はホルン協奏曲と音楽の冗談に登場…

先週のさいたま定期には乗っていなかったので、もしかしたら今日が今年初めての演奏会かも…
冴え渡っていました。

美菜さんとの音楽の冗談も面白かった。
この曲って、経緯を知らない人はきっとあきれると思いますよね〜
今は良いですけど、当時の人はどう思ったのか聞いてみたいくらいです。

米津俊広さんって知らなくて初めてだったんですけど、無難にジュピターをコントロールしていました。
何故かジュピターを生で聴くのは2年振りくらい…
前回は渡邊一正さんだったと思います。

新春らしく楽しい演奏会でした。

アンコールは、アイネ・クライネ・ナハトムジークの2楽章でした。

この後がちょっと大変でした。
体調が悪い長男はアパートに帰って、嫁と次男は嫁の実家に遊びに行っていました。

最初は私も嫁の実家に寄る予定にしていたんですけど、次男は明日から学校だし仕事もあるし…
電話で相談して、門前仲町で待ち合わせる事にしました。

京王線から都営新宿線経由・九段下乗り換えで行こうと思っていたのですが、なぜか新宿駅の改札を出てしまっていました(笑)
どうしようと思ったら、そうだ都営大江戸線で行けば良いんだと思ったのが大間違い…

凄い大回りで、門前仲町まで30分以上も掛かってしまいました。

門前仲町ではいつも行く「もんじゃ屋さん」でもんじゃを食べて満足…
このお店は宇都宮に来る前は、週に1回は足を運んでいたお店です。

お客さんが途切れた隙に、色々サービスをしてくれました。
今は年に1〜2回しか行けないんですけど、良いお店です。

あっ、月の写真に意味はありません。
綺麗だったもので…

色々と忙しい3連休でしたが、ニューイヤーコンサートも聴けたし、もんじゃも食べに行けたし、原稿も終わったしやっとお正月が終わったという感じです。

Category: ちょと遠出, 家族, 音楽  | Comments off
12月 20th, 2011 | Author: wappen

今日、仕事で東京タワーの近くまで行って来ました。

次の連休に訪問先が移転してしまうので、たぶん、こんなに近くに来るのはこれが最後かも…

(写真左)
こんなの昔っからありましたっけ?

(写真右)
東京タワーに何かが張り付いています。

違う場所から拡大して撮影してみました。
これも、昔からありましたっけ?(笑)

Category: ちょと遠出  | Comments off
12月 09th, 2011 | Author: wappen

サントリーホール前のカラヤン広場もクリスマスモード一色でした。

記念撮影をしている人もかなりいましたね〜

良い感じでしょ…
ホール内に入ったら知人に会ったんですけど、入る前だったら撮影してあげたのに(笑)

今日のプログラムは

指揮者:山田l和樹
ソプラノ:林正子
コンマス:木野さん

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
モーツァルト:交響曲 第31番 ニ長調 パリ K.297
ベルク:「ルル」組曲
ラヴェル:ラ・ヴァルス

今日のプログラムは組み合わせが絶妙でした。

牧神の午後への前奏曲は今年2回目の定期での演奏です。
4月に原発の影響で来日中止になった、インキネンの変わりに広上さんが振りました。

その時も良かったんですけど。今日も柔らかい響きで良かったです。
フルートの音色が印象的でした。
今日は紀尾井シンフォニエッタ東京の定期も重なっているのでNさんは乗っていませんでしたが…

パリはもう少し元気な演奏でも良かったかな〜という感想です。
まぁ、山田氏は非常に素直で分かり易い音楽作りをするので納得はいくんですけど…

そういえば、山田氏はインキネン来日中止の時に代役でマーラーの4番他を振りました。
この時のソプラノは市原愛さんでしたね…
これも良かった。

「ルル」組曲は初めてでした。
そもそもオペラは守備範囲ではないので、オペラから派生した曲は初めて聴くケースも多いんです。

初めて聴く曲って期待感があったり緊張感があったりでワクワクしますよね〜
ソプラノの林正子さんの澄んだ声とマッチして興味深い曲でした。

林さんは何年か前に第九を聴いた記憶があります(読響だったかな〜)

最後のラ・ヴァルスも良く纏まっていたと思います。
パリはもっと元気よくという感想でしたが、この曲は少しおさえた所が良かったような気がします。

今日で今年の日フィル定期演奏会は終了です。
(土曜会員の方は明日で終了ですが…)

今年も、東京定期とさいさた定期は皆勤でした。
もっとも楽しみにしていた宮田大をソリストに予定していたさいたま定期が、震災の影響で中止にはなりましたが…

まだ早いですが来シーズンのプログラムの一部が公表されました。
私としての注目は2013年3月4月に一気に演奏されるインキネンのシベリウスです。

3月の東京定期で第1番・第5番、4月の横浜定期で第4番・第2番、同じく4月の東京定期で第3番・第6番・第7番が演奏されます。
これは聴くしかないでしょう〜

インキネンはフィンランド人で客演首席指揮者になってから今シーズンまではマーラーとシベリウスの交響詩の組み合わせでプログラムを組んできました。
そのうち、シベリウス交響曲も取り上げてくれるとは思っていましたが、2ヶ月間で全曲とは驚きです。
4月なんかは2週間で5曲やるわけですからね〜

問題は横浜定期が含まれている事… それも第2番がみなとみらいですよ…

東京定期会員は当然の事ながら来シーズンも継続ですが、横浜は遠すぎます。
数年前に横浜の定期会員でもあった時もありましたが、遠すぎて止めてしまいました。

これ、サントリーの名曲コンサートなどで取り上げてくれないですかね〜

日フィルさん、お願いします。

Category: ちょと遠出, 音楽  | Comments off
11月 20th, 2011 | Author: wappen

今日は長男が通う大学の学園祭に行って来ました。

早速、長男を発見…

去年と同じでコリラックマの着ぐるみを着ていました。
そこで売っていたのが「角煮」…

卵で隠れていますが、角煮が2切れ入っています。
何でも「ごはん部門」で優勝とか…

まぁ、角煮がごはん? という疑問もありますが…

当初は3日間で300食を売る予定が、2日間で売り切れ、今日は急遽仕込んだらしいです。
個数がないのか、毎時間毎に少しずつ売っていました。

11時の販売に並んで購入しました。

次に見つけたのが「おやつ部門」優勝の「たいやき」…

今日のお昼はこれだけ〜
帰る途中にパンを食べましたけど…

でも今日は暑かった。

Category: ちょと遠出  | Comments off
11月 18th, 2011 | Author: wappen

昨日は何かと忙しく、更新出来ませんでした。

今日は出張先の会議室から…

日本武道館です。
もう周りの木々も大分色づいて来ました。

人が並んでいますが…
後で調べたら「自衛隊音楽まつり」とか…

靖国神社もこんな感じでした。

Category: ちょと遠出  | Comments off
11月 09th, 2011 | Author: wappen

出張先の会議室から、スヌーピーの飛行船が見えました。
ちょうど1年くらい前に、新宿駅からオペラシティに向かって歩いている途中見た以来です。

東京タワーの上とか…

大手町の上を飛んでいました。

Category: ちょと遠出  | Comments off
10月 08th, 2011 | Author: wappen

本日は中学時代の恩師を囲んでの食事会でした。
食事会と言っても、16:30からなので「おやつ会」かも(笑)

場所は横浜高島屋の鼎泰豊(ディンタイフォン)という台湾一の点心レストラン。
こんな感じです。

中でも小龍包が美味しいと評判のお店らしい…

小龍包はこちら。

確かに肉汁があふれ出す瞬間…美味しかった。

こちらはエビ入り焼売

さらに玄米入り焼売?(名前は忘れました…注文は他の人に任せていましたので)

最後にセットものを頼んで、取り分けたのがこれ。

少なめに分けて貰ったんですが、食べきれませんでした。
お腹一杯…

参加者は恩師を含めて6名…
顔がバレないように小さな写真にしました(笑)…個人情報なので…

これで、適当に飲み物を頼んでたぶん1万円位だと思います。
会計も幹事さんに頼んだので…

4年ぶりに会った恩師や友人、中には半年ぶりの人もいましたけど…
皆元気で良かったです。

特に恩師は70歳を超えてもまだ教育委員会で仕事をされているとかでビックリ…

大規模なクラス会なんかだと準備も大変だけど、10人前後だと比較的簡単に集まれるから元気なうちに何回も集まった方が良いですね〜
今日の食事会が決まったのも3週間ほど前だったし…

でも、まだ若いです(キリッ)

Category: その他, ちょと遠出  | Comments off
7月 13th, 2011 | Author: wappen

本日は東京出張…
暑かった。

出張先のすぐそばの靖国神社では今日から「みたままつり」が行われていました。

暑いから見にいかなかったけど(笑)

<今日のお遍路>

歩数:11,304歩
距離:7.91キロ

前回と同じで19番目の霊場(立江寺)から20番目の霊場(鶴林寺)へ向かう途中…
後4キロ弱みたいです。

Category: ちょと遠出  | Comments off
4月 08th, 2011 | Author: wappen

本日は先月の震災後初めての東京出張でした。
あの時を思い出すと、ちょっと怖かったりして…
でも、無事に帰ってこられました(笑)

まずは、武道館…
これは出張先のビルの7階から撮影したものです。
靖国通りをはさんで武道館の正面にあります。

これは千鳥ヶ淵…
曇っていて風が強いせいか、ボートに乗っている人はいませんでした。

もう満開と言っても良いでしょう。

今週末あたりは、凄い人手になると思いますが…
明日は雨なんですよね〜

Category: ちょと遠出  | Comments off
3月 01st, 2011 | Author: wappen

が今日600メートルを突破したようです。

こんな感じ〜………

この写真は先週土曜日に嫁が撮って来たものなので600メートルはありません(笑)
でも、たった三日なので見た目はあまり変わらないかも…

嫁の実家は江東区なので、弟に上野まで送ってもらう車の中から撮影したとか…
浅草通りの押上駅付近みたいです。

そういえば、押上って中小企業診断士の診断実習の診断先があったので、当時は何回か通いましたね〜
居酒屋でした。

だから、実習が終わっても何回か行きました(笑)
当時はまだお酒を飲んでいたんだ〜

お酒を止めてから、どれくらいになるんだろう?
もう覚えていません。

ひょっとして10年くらいかな?

Category: ちょと遠出  | Comments off
1月 07th, 2011 | Author: wappen

指揮者:小林研一郎(日フィル柱冠指揮者)
ソリスト:松田理奈(ヴァイオリン)
コンマス:木野さん

シューベルト:交響曲第7番 ロ長調「未完成」
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調K.219「トルコ風」
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ラヴェル版)

不思議な事に、昨年の最初の演奏会は松田理奈ヴァイオリン・リサイタルでした。
急に友人に誘われて行ったものです。イザイ、ラヴェルだったかな…

今年最初の演奏会のソリストも松田理奈。

それと、もう一つコバケンって苦手な指揮者なんです。
唸ったり、爆音が出て来たり… それも不思議な事に爆音が出てくるのが日フィルだけ…

他のオケとは結構良い演奏をしています。本当に不思議です。

今日のプログラムの中では、展覧会の絵が爆音の予感…

まずは、シューベルト…
んん? コバケンが唸らない…
皆さん、正月あけなのに、いつリハーサルをしたんだろうと思うほど合っていました。

松田理奈は、技量的には昨年に比べると技巧的になっていると思いました。
でも、途中で弦のトラブルが…
ガット弦だったんだろうか?

でも、昨年も感じたけど彼女って弾いている時、あまり楽しそうじゃないんですよね〜

さて、出るか爆音:展覧会の絵…

出てこない、ちょっとバランスの悪い気がしたけどピアノしか聴いた事がなくてオケを初めて聴く人には、すんなり受け入れられる程度には出来上がっていました。

でも、やはり管楽器はちょっと大きめかな〜
爆音を止めたのはひょっとしたらオッタかも知れない。

日本人離れした(日本人じゃないけど…)演奏能力で、音楽が破綻する寸前で頑張っていた。
この曲で一番活躍するのはトランペットだから、時にその好演奏が光っているのかも。

その他全てのパートの奏者も頑張っていたと思います。
でも、ちょっとリハーサル不足ではという感じも否めませんでした。

明日の、横浜定期(みなとみらいホール)は同プログラムなので、頑張ってほしいですね。

ここまで、いつもとはちょっと違うぞと感じていたコバケン… 最も苦手意識を持ってからはコバケンの時はあまり聴きてないんですけど。
最後は、いつものコバケンでした。

ステージ上を動き回る… ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラまで握手を求めに行くのは良いとして、コントラバスの高智さんの所まで出向いて行った。
演奏後のスピーチから、アンコールに流れ込むのはいつもの通り…

アンコールは、マスカーニ/カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲

色々書きましたが、今年最初の演奏会…
予想していたより満足でした。

今朝、ふと思い出しました。
まだ、初詣に行っていない…

そこで、出張前に湯島天満宮に寄り道…
梅が咲いていました。

子供には学業のお守り、私は正月からインフルエンザに罹ったので健康のお守り…
って、何で湯島天満宮に健康のお守りなんてあるんだ〜(笑)

Category: ちょと遠出, 音楽  | Comments off
1月 06th, 2011 | Author: wappen

と言うか出勤です。

5日間ほとんど寝ていたので、宇都宮駅に着く頃には足がパンパン…
良く、帰って来れたと思う程、疲れました。

まずは武道館…

そして、HDRアートも

次ぎに東京タワー方面

やっぱりHDRアートも

そして夕日のHDRアート

暮れ始める東京タワー

これでもかと言う程のHDRアート

でも、大分分かって来た事は全体的に暗い絵はHDRアートには向いていないという事。
何か、色々撮ってみたい(笑)

Category: ちょと遠出  | Comments off
12月 19th, 2010 | Author: wappen

今日は次男の冬休みの宿題に付き合って、東京芸術劇場に行って来ました。

指揮:ヒュー・ウルフ
ソプラノ:木下美穂子
メゾ・ソプラノ:林美智子
テノール:高橋淳
バリトン:与那城敬
合唱:新国立劇場合唱団

そういえば、去年も読響の第九聴いたっけ…
サントリーのP席で… 急な出張だったので手配出来たのがP席だけだった。
メゾ・ソプラノはやはり林さんでした。
P席だから良く聴こえなかったけど(笑)

ベートーヴェンはあっさり系が好きです。
日本人が振ると、こてこて系になる事も多いのですが、ヒュー・ウルフはさっぱり系で良かったです。

終演後、次男が聞いてきました。

「どの部分が第九だったの?」

あの〜、全部第九なんですけど… 感想文、大丈夫か???

今年の演奏会は今日で終わり… 多分ね…
でも、後東京出張が3回ある…

第九の前に東急ハンズの上にある「ねこぶくろ」へ行って来ました。

最初に、なでようとした猫に肉球で腕を殴られました…
だから、写真載せてあげないんだ(笑)

猫って、ちょっと怖い…

Category: ちょと遠出, 音楽  | Comments off
12月 15th, 2010 | Author: wappen

その日に、行われる演奏会が分かるサイトがあるんです。

東京出張日で、業務後に予定が無い時はそのサイトで演奏会を探すんですが、本日、対象になったのは武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルでした。
東京オペラシティなので、出張先から地下鉄で1本、20分程度だし、当日券もあるっていうので行って来ました。

ちゃんとしたホールで吹奏楽を聴くのは… 思い出せないくらい久しぶりです。
高校生以来かも?

宇都宮には自衛隊があるので、野外ではたまに聴くんですけど…
あれって、鼓笛隊か(笑)

普段、吹奏楽は聴かないんですが「世界初演」とか「日本初演」なんていう曲があったし…
吹奏楽って楽しそうだし…
チケットも、1,500円だし…

一応、プログラムを書いておくと

指揮:レイ・E・クレーマー

R.シュトラウス:祝典序曲 op.61
K.ヴァルチック:交響曲 第2番「無名兵士の碑文に」(日本初演)
戸田 顕:サドゥン・グローリー(世界初演)
J.A.ジルー:ワン・ライフ・ビューテジフル(世界初演)
R.ジョージ:ファイアフライ「蛍」
C.サン=サーンス:交響曲 第3番<オルガン> 第2楽章(最終部)

アンコールでクリスマス・ソングが数曲でした。

思った通り、楽しかった。
たまには、色々な音楽を聴くのも良いかな〜

ちなみに、11月上旬に行った時に飾り付けをしていたツリーは、こんなになっていました。
下部の階段を上ると、鐘が鳴らせます。

Category: ちょと遠出, 音楽  | Comments off